上川郡農作試験所事務所棟

f0080743_063749.jpg

偶然発見した.旭川市神居,国道から少し入った場所,忠別川近くにひっそりと建っている.明治一九年に建てられたということなので築120年以上.北海道でこのような家屋がそんなに長く保つとは思えないので幾度か改修されているんじゃないかな.旭川付近(上川)の開拓基点となったという.

その後「忠別太駅逓第一美瑛舎」として使われたという.駅逓というのは簡易な旅館と郵便局が一緒になったような施設らしい.この造りと当時の貧弱な暖房器具では厳冬期の夜,内部は零下の気温ではなかったかなぁ.火のそば以外は.

内部は見学可能ということなので今度早い時間に行ってみようと思います.

 
[PR]
by auf1028 | 2011-08-18 00:06 | 家,建物 | Comments(0)
<< 旭川のマンホール蓋と排水溝の蓋 Monitor P.C. >>